滋賀県の復縁神社・縁結び神社9選

滋賀県内にある復縁神社を9つピックアップしました。縁結びや復縁の強力なご利益のある神社です!

是非参考になさって下さい!

伊豆神社(大津市)

出典:https://loco.yahoo.co.jp/place/g-WuFWWeZ9YGk/photo/?

伊豆神社は堅田の浮見堂に程近い所に鎮座します。

892年に延暦寺の高僧が、三嶋神社から大山祇命(おおやまずみのみこと)を移して祀ったことが、その起源だとされています。

この大山祇命は天照大御神の兄にあたる神様で、日本総鎮守の神様といわれており、堅田の鎮守としてここに分祀されたものです。

ご祭神の大山祇命は、山の神の総元締・海の神・酒造りの神とされており、ご祭神が復縁・縁結びのご利益をもたらすという神様ではありません。

しかし、ここ伊豆神社は後述するある事から、近年縁結びの神社として注目されているのです。

ハード型の絵馬で復縁・縁結び

出典:https://www.travel.co.jp/guide/article/18972/

伊豆神社の復縁・縁結びに関連するグッズとしては、ハート形をした絵馬が上げられます。

ハート形の絵馬には、着物を着てハート形の顔をしたキツネが描かれ、「なでてこいこい、しあわせこいこい」の文字が書かれています。

先に記載した様に、堅田の鎮守の神社であり、元々こうした絵馬を作る様な由来はないはずです。

このハート形の絵馬に、復縁・縁結びのご利益を求めて参拝される方が多い事を感じさせられます。

幸せの石

出典:https://www.travel.co.jp/guide/article/35951/

伊豆神社が復縁・縁結びの神社として有名になったのは、ハート形の石が社務所横に「幸せの石」として置かれた事に始まります。この石は、境内の森の中にあった石との事です。

この石の上部を撫でると、幸せになると言われており、これが先に記載したハート形の絵馬とそこに書かれた「なでてこいこい、しあわせこいこい」の文字に繋がっているのです。

旗神 豊満神社(愛知郡)

出典:https://toyomitu.jimdofree.com/

豊満(とよみつ)神社は、琵琶湖の東側に位置する愛荘町に鎮座する神社です。

ご祭神はは大国主命・足仲彦命(仲哀天皇)・息長足姫命(神功皇后)・譽田別命(応神天皇)の四柱です。

ご祭神に大国主命が居られることから、「縁結びの神」として信仰を集めるようになりました。

また神社の名前である豊満(とよみつ)が「ほうまん」とも読める事から、女性の容姿向上・美人祈願にもご利益があるとされており、神社のHPに「美人になって恋に勝つ」と謳われているほどです。

美人守り→美人になって恋に勝つ

この神社でお守りを求めるなら、ピン色の生地に十二単の女性の後姿が描かれた「美人守り」がお勧めです。

また絵馬はハート形をしており、そこに「美人守り」と同様に、扇を持った十二単の女性の後姿が描かれ、「美人になって恋に勝つ!」の文字が書かれています。

また豊満神社では、豊満神社大型特別御朱印を授かる事ができますが、このご朱印には「恋と美の神 豊満神社」と記されており、参拝記念として授かるのもお勧めです。

美人の木(告白の木)

出典:https://toyomitu.jimdofree.com/%E8%A6%8B%E6%89%80-%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88/

豊満神社には、美人祈願・恋愛祈願に関連する有名なスポットもあります。

そのひとつが、本殿裏杜の中にある「美人の木(告白の木)」です。この木は樹齢三百年と言われるムクの大木で、この木の3m程度まで伸びあがった根にもたれれば、素直に愛の告白できると言われています。

もうひとつは、愛荘町を流れる愛知川の河原で氏子の方が見つけて奉納されたハート形の石です。

この石を撫でれば縁結びの御利益があり、愛する人を心で思いつつ石を持ち上げ、軽く感じれば恋が叶い、重ければ叶いにくいという恋占いの石ともなっています。

賀茂神社(近江八幡市)

出典:https://japan-geographic.tv/shiga/oumihachiman-kamojinja.html

滋賀県近江市にある加茂神社は、京都の上賀茂神社・下鴨神社に祀られる加茂大神を勧請し、1270年前に創建された神社です。

この加茂神社は、馬の伝統を守り伝えることから、馬・競馬・乗馬の守護と尊崇されていると共に、方除・厄除や、縁結・子授・安産にご利益があるとして広く信仰を集めています。

この加茂神社は、聖武天皇が陰陽道の祖と仰がれている吉備真備に命じて創建されました。

この創建時に陰陽道により、日本の「気」が最も集まっているとして、吉備真備がこの地を選んだと伝えられています。

すなわち、近江八幡の加茂神社は日本で最も強力なパワースポットに建てられた神社と言えるのです。

この言い伝えを知ると、境内全体に何となくパワーが満ち溢れている雰囲気を一層感じます。

加茂神社には、本殿と別に「七霊所」があり、これを順番に巡る事で、さらにご利益を得られるとされています。

忘れずに「七霊所」もお参りしたいものです。

3種類の縁結びお守り

加茂神社で授かる事が出来るお守りには、沢山の種類があり、もちろん縁結びのお守りもあります。

縁結びのお守り袋は、生地の色が

  • 水色
  • ピンク

の3色で、そこに双葉葵の神紋が刺繍されています。

また復縁等を密かに願う場合には、縁結守護札やむすび紙守りを授かる事も出来ますので、これを部屋にお祀りするのも良いかも知れません。

「連理の榊」に祈願すると復縁・恋愛成就

賀茂神社は先に縁結・子授・安産のご利益があると記しましたが、境内にある七霊所の一つの「産霊社」に祀られている「連理の榊」に祈願すると恋愛成就できるとされています。

この「連理の榊」は、2本の榊の木が、江戸時代の頃に、自然に一つに繋がった事から、縁結びの象徴になっています。

落ちている榊の葉をお守りと一緒に大切にすると、霊力により願いが叶うと伝えられています。訪れた際には、そっと落ち葉を頂いて帰りましょう。

観音正寺(近江八幡市)

復縁や縁結びのご利益が得られるパワースポットは、一般的には神社ですが、この観音正寺はれっきとした寺院です。

観音正寺は、1400年前に聖徳太子が人魚を供養するために、繖山の山頂に創建されたのが始まりです。

鎌倉・室町時代には六角氏の庇護を受けて興隆しましたが、六角氏が織田信長に滅ぼされて以来、寺院も衰退し、苦難の歴史を刻んできました。

その後も本堂が焼失したりし、現在の本堂は2004年に再建されたものです。

この観音正寺は、古来より万事吉祥の縁結びの祈祷道場として信仰を集めて来た寺院で、現在も西国三十三カ所の札所であり、多くの観音信仰の巡礼者が訪れる寺院です。

丸井縁結びの絵馬

出典:https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g1023564-d5814074-i86555996-Kannonshoji_Temple-Omihachiman_Shiga_Prefecture_Kinki.html

この観音正寺の絵馬は一般的な5角形のものとは違って、丸形をしています。そこにスズランのイラストが描かれ、中央には「縁結び」の文字が大書されています。

ここに書かれている「縁結び」は、本来はご本尊の千手観音との縁を結ぶという意味や、万事吉祥の縁結びの意味だと思われます。

しかし、そこから転じて男女の「縁結び」にご利益があるパワースポットとして、若い男女に有名なスポットになったと言えるでしょう。

参拝された時には、復縁や良縁を祈願して、この絵馬を奉納されると良いでしょう。

縁結びの紐

出典:https://www.jisyameguri.com/chiiki/shiga/kannonshoji/

観音正寺の内陣を拝観すると、縁結びの紐を腕に巻いて頂く事が出来、また観音坐像に特製の散華で御身拭いをする事が出来ます。

このお身拭いををした散華は、お守りとして頂く事が出来ます。

観音様と縁を結ぶと共に、男女の縁結びのご利益を求めて参拝されると良いでしょう。

繖山の山頂に建っており、石段を上ったりと大変ですが、安土城跡や街並みの絶景を楽しむ事も出来るお勧めの復縁・縁結びスポットです。

多賀大社(犬上郡)

多賀大社は昔から、「お多賀さん」の愛称で親しまれている神社です。

この多賀大社の御祭神は、伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)と伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)の男女二柱です。

伊邪那岐・伊邪那美大神と言えば、ご存知の方も多いでしょうが、神話において初めて夫婦となられ、天照大神をや八百万の神々をお産みになられ、また日本の国土を創成された事でも有名な神様です。

こうした由来と祀られているご祭神から、全国屈指のパワースポットとして、また延命長寿・縁結び・厄除けご利益があるとして、多くの信仰を集めています。

また、近年では特に縁結びの神様として有名で、多くのカップルや女性が参拝しています。

お守りグッズ

多賀大社は多くの参拝者が訪れる神社であり、数多くの授与品が祈願内容に応じて準備されています。

そんな中で良縁・復縁を願う方には、

  • 「結守り・縁守り」
  • 「こいまもり花結び」

がお勧めです。

「結守り・縁守り」は薄い水色系とピンク系の生地に、金糸で結守または縁結と記された昔ながらの守り袋が特徴的で、大人の男女にお勧めです。

一方の「こいまもり花結び」は、ストラップ風で花柄があしらわれた可愛いもので、若い女性にお勧めです。

恋むすび・縁結びの御朱印

出典:https://ameblo.jp/fubuki-takazawa/entry-12629263744.html

神社では御朱印を頂く方も少なくありませんが、多賀大社では一般的な御朱印の他に「恋むすび」御朱印と「縁結び」御朱印を頂く事が出来ます。

いずれも御朱印としては珍しい、ハートのマークの中に恋結び・縁結びと書かれた朱印が押されています。

お守りと共に、この後朱印を頂くと、さらにご利益アップが期待できそうです。

また、多賀大社にお参りされた際には、門前の土産物店で名物の「糸切餅」をカップルで楽しまれるのもお勧めです。

建部大社(大津市)

建部大社は、瀬田の唐橋のたもとにあり、近江国一之宮として古くから尊崇を集めて来た神社です。

本殿のご祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)で、日本書記にその武勇が記されている勇猛果敢な神様で、ご利益としては開運・出世・必勝・厄除とされています。

本殿の横の権殿には、大己貴命(おおなむちのみこと=大国主命の異名)がご祭神として祀られており、こちらのご利益は縁結び・商売繁盛・家内安全・病気平癒とされています。

恋愛・復縁成就だけでないご利益も

建部大社に祀られている大己貴命(大国主命)は縁結びの神様としても知られている神様で、拝殿から本殿と権殿に向かって手を合わせれば、恋愛・復縁成就はもとより、あらゆるご利益を得る事が出来ます。

これが建部大社が関西最強のパワースポットと呼ばれている所以です。

出典:https://shigatoco.com/toco/omikujibest3/

この建部大社にカップルでお参りされた際には、男みくじと、女みくじをそれぞれ購入されるのがお勧めです。

男みくじには金地に「翔」の文字が、そして女みくじには「麗」の文字が書かれた小さなストラップが付いており、これを守り代わりにされると良いでしょう。

願い石に願掛けを

出典:https://www.aoimon.net/entry/takebetaisha

建部大社は、二祭神の強力なパワーで、あらゆるご利益が期待できる神社です。

そんな中でも、これだけは叶えてもらいたいと言う願い事があれば、「願い石」のパワーを頂かれると良いでしょう。

「願い石」は本殿左側にある末社の奥に、霊験あらたかな丸い白石が積まれており、それを社務所で求め、自宅に持ち帰ります。

そして例えば恋愛成就や復縁成就と白石に書きます。

そしてこの「願い石」に朝夕願掛けをすると、願い事が叶うと言われています。願いが叶えば、再び建部大社に参拝し、その「願い石」をお返しするので。

密かに恋心を抱いている女性には、お勧めの願掛け方法と言えます。

宝厳寺 竹生島神社

琵琶湖の北端近くに竹生島という小さな島があります。

この周囲2kmの小さな島に、西国三十三カ所の観音霊場のひとつである宝厳寺と弁財天信仰の聖地である竹生島神社があります。

明治以降の神仏分離により、現在は別の宗教法人となっていますが、平安時代から近世までは神仏習合の信仰が行われていました。

竹生島神社のご祭神は、市杵島比売命(弁財天)、宇賀福神、浅井比売命(産土神)、龍神の四柱です。

中でも弁財天は、日本3大弁財天のひとつとして有名で、特に信仰を集めています。

この弁財天のご利益は、慈愛・財施・安心とされています。

弁財天は弁財天女とも呼ばれる女神で、若い女性に人気が高くなり、慈愛が転じて恋愛・復縁成就や縁結びにもご利益があると言われているのです。

福小判

弁財天は、財の神として信仰される方も多く、授与されるお守りとしては、「福小判」が最も有名です。

このお守りは金色の小判様のもので、招福小判御守と刻まれています。従って、この「福小判」を財布に忍ばせておけば、財を得られると共に、色々な願いが叶えられ、福を招く事が出来るのです。

また竹生神社には、絵馬に代わって「幸せ願いだるま」を奉納・祈願するという習わしがあります。

社務所で小さな手作りのだるまを授かり、紙に願い事の恋愛成就等を書いてだるまの中に詰め、それを奉納すると願いが叶うとされています。

絵馬よりも秘密に満ちていて、片想いの気持ちを書いたりするのに最適です。

復縁祈願しつつ投げる「竜神拝所かわらけ投げ」

出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_25484ab2050006633/kuchikomi/0001138697/

竹生神社には、さらに宮崎鳥居に向かってかわらけを投げる「竜神拝所かわらけ投げ」というのもあります。

かわらけは、二枚一組になっていて、一枚に名前を書き、もう一枚には願い事を書き、それを龍神拝所から鳥居の方に向かって投げるものです。

祈願を念じつつ投げれば、身も心もスッキリして願いが叶う想いを感じる事が出来るでしょう。

ちなみに、かわらけは信楽の土を素焼きして作られたものです。

近江神宮(大津市町)

近江神宮は大化の改新を成し遂げ、都を近江大津宮に遷された天智天皇を祀る神社です。

創建は唱和15年と比較的新しい神社です。開運へのみちびきの神、産業文化学問の神として崇敬されている神社です。

この神社は百人一首かるた・流鏑馬・水時計でも有名な神社です。百人一首かるたは、天智天皇が百人一首の第一番を詠まれた事にちなんだもので、映画の「ちはやぶる」の舞台となった事で全国に名を知られるようになりました。

この神社は元々復縁・縁結びとは余り関係のない神社です。

しかし「ちはやぶる」の大ヒット以降、若い女性やカップルが聖地巡礼で訪れる事が増え、いつしか縁結びのご利益もある神社と言われるようになったのです。

ピンクをイメージしたグッズが多数

先に記した様に、縁結びと言うより、百人一首・「ちはやぶる」を前面に出しており、例えば朱印帳にしても、ピンクの雲をイメージした下地の可愛い桜の花のイラストが描かれ、和服を連想させるものです。

またお守りも、ずばり縁結びの守りはありません。

しかし、ピンク色に桜の花があしらわれ、幸福の文字が書かれ、可愛い五角形の絵馬型の「しあわせ守り」を授かると良いでしょう。

「ちはやぶる」の聖地巡礼にも

出典:https://www.meets-biwako-otsu.com/program/4104

若い方は、「ちはやぶる」の聖地巡礼で訪れる人が多数おられます。そんな若い女性にお勧めなのが、「キモノ体験レンタル」です。

神社では結婚式会場もあり、その衣装に対応する神社の衣装部が、和装の正装、着物・袴の体験レンタルを行っているのです。この着物レンタルは神社の境内限定で、1時間となっています。

衣装を借りて、本殿で良縁・復縁等を祈願し、境内をゆっくり散策すれば、恋心が深まる事請け合いでしょう。

白髭神社(高島市)

出典:白髭神社

高島市の湖岸に近江の国で最古の歴史を持つと言われる白髭神社があります。

ご祭神は猿田彦命で、猿田彦命が白髪で白い髭を蓄えた老人のお姿であったことから、この白髭神社の名前になったと伝えられています。

この神社のご利益は、延命長寿・縁結び・子授け・福徳開運など、人の世の総ての導き・道開きの神として熱い信仰を集めています。

またこの神社で有名なのは、湖中大鳥居です。鳥居越に琵琶湖から上る朝日は、まさに絶景です。

先にも記した様に、縁結びのご利益も得られ、また湖中大鳥居が絶景である事から、多くのカップルがパワースポットだとして訪れている神社です。

縁結び守り

出典:白髭神社

猿田彦命は総ての導き・道開きの神であり、人生の岐路となる結婚や復縁に迷いがある時にお参りし、導きを頂くのに良い神社です。

この神社は縁結びだけがご利益の神社ではなく、色々な種類のお守りがあります。

縁結びを祈願される方には、白と赤の小さな小花をあしらったストラップ型の縁結び守りを求められると良いでしょう。

句碑や歌碑

この神社の境内には句碑や歌碑がいくつもあります。

その中でも、珍しく夫婦2人で詠まれた歌碑を紹介したいと思います。その夫婦は与謝鉄幹と晶子です。

大正の初年に参拝した2人が、社前に湧き出る水の清らかさを「しらひげの 神のみまへに わくいずみ これをむすべば ひとの清まる」と詠んだもので、上の句は鉄幹で下の句は晶子の作です。

カップルで参拝された際に、これに習って2人で和歌を詠むことにチャレンジされるのも風流で、お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です