福島県の復縁神社・縁結び神社7選

福島県内にある、復縁に強い神社を「7つ」ご紹介したいと思います。

白河鹿島神社

白河市にある鹿島神社は、地元のかたから開運や安産、勝負事の神として信仰されてきました。

日本三大提灯まつりである「白河提灯」が開催される神社です。

これは、弘仁2年、坂上田村麻呂が東夷征伐に向かう際に、常陸国鹿島大明神をお迎えしたことが始まりで、以来、白河地方の鎮守の神として人々の生活を見守っています。

御祭神は国造りと繁栄、ご縁の神様である大国主命と話し合い、国譲りを交渉した武甕槌命です。

国家鎮護や厄除開運、延命長寿の他、恋愛成就や縁結び、子授などさまざまなご利益があります。

縁結びのご祈祷

出典:http://www.kashimajinja.jp/kjkitou.html

鹿島神社では、素敵なご縁に恵まれますように、好きな人と結ばれますように、そして復縁が叶いますようにといった、縁結びのご祈祷をしてもらうことができます。

祈祷を受けたかたにへはお神札やお神酒の他、縁結びお守りや縁結びみほぎ玉が授受されます。

お守りは男性が青、女性が赤の「むすび」と書かれた小ぶりのストラップです。

縁結びのご神木

出典:http://www.hainumikaze.com/omake/fukushima/shirakawa-kashimajinja.html

参拝のみでもさまざまなご利益を賜れる鹿島神社ですが、樹齢1000年以上を超えるご神木である杉の大木は、そこには神霊が宿っているとされています。

また、神体山には磐座があり、古い時代に祭祀が行われていました。

いずれもパワースポットとして知られているため、叶えたい恋があるかたはぜひ、足を伸ばしてみてください。

開成山大神宮

数多くの福島県人が初詣に訪れることでも知られている開成山大神宮。

伊勢神宮からの分霊を受け、日本総氏神である天照大神をお祀りしています。

「東北のお伊勢様」と呼ばれる、非常に強い力を秘めているパワースポットです。

創建は明治に入ってからと新しく、郡山「安積野」の地の開拓を成功させたいという思いから建てられました。

厄除けや商売繁盛のご利益がありますが、国土安泰、開拓前進のために人のご縁を結ぶことから、片思いや復縁が叶うとも言われています。

縁結びのお守りなど多数あり

開成山大神宮で授かることができるお守りは、さまざまなご利益があることからその種類も豊富です。

縁結御守は鮮やかな桃色で、恋愛運向上が期待できるカラーとなっています。

さらに、12ヶ月分で12種類ある「花まもり」も人気です。

小ぶりで持ち歩きやすく、自分に合っているものを身につけることで幸運に恵まれるとされています。

春の祭りは良縁が結ばれる好機

出典:https://www.jalan.net/event/evt_271320/

4月に行われる春まつり、開成山太鼓の演奏も聴くことができる7月末の夏まつり、10月の秋季例大祭と、年に3回大きなお祭りがあり、人々で賑わう時期には境内のパワーも普段より強く満ちています。

特に春は、拝殿横にあるおみくじ掛の中心に立つ桜も綺麗に咲き誇るため、訪れるのにおすすめの季節です。

良縁が結ばれるか運試しをし、縁起のいい桜からご利益を与れるように願いを込めましょう。

伊佐須美神社

「会津」の由来となったことで知られている伊佐須美神社は、2000年を超える歴史があると伝えられ、御神楽に夫婦神である伊弉諾尊と伊弉冉尊をお祀りしたことが始まりだとされています。

主祭神は大毘古命と建沼河別命を含めて4柱です。周囲の木々や豊かな水源から自然のパワーが集まりやすい、福島県でも指折りのパワースポットでもあります。

開運や方位除け、健康長寿などさまざまなご利益がありますが、夫婦神のご縁を結ぶご神徳により、恋愛成就や復縁などの良縁祈願に、多くのかたが訪れています。

縁結び御守

出典:https://www.fukushim-a-live.com/travel/isasumi-jinnjya/

伊佐須美神社では、片思いや復縁など恋愛に関するご縁だけではなく、友人や家族などのあらゆる人間関係に素敵な繋がりを願う「縁結び御守」を授かることができます。

出典:https://www.food-fukushima.jp/isasumi-jinja-shrine/

また、県外からも拝受に訪れるかたが後を絶たないのが、2体1組の「強運御守」です。

ここぞという時に肌守として身に着けておくことで、幸運に恵まれるとされています。

好きな人へのアプローチの時に、心強い味方になるでしょう。

縁結びの紅葉も必見

出典:https://www.tif.ne.jp/flower/spot/disp.html?id=150&area[]=4

四季折々の花々で彩られていることから、花のたえない伊佐須美詣、とも言われている境内。「あやめ苑」や、天然記念物にも指定されている「飛竜藤」など見どころが豊富です。

出典:https://pelulu.jp/35705/

その中で、寄り添うように生えている樹齢400年超の「縁結びの紅葉」は、運命の相手との出会いや、好きな人との結びつきを強固なものにしたいという願いごとのために、人が絶えないスポットとなっています。

福島稲荷神社(福島市)

かの安倍晴明が福島でも有望な地であると、その社を建てたのが987年のこと。

1000年以上の歴史がある福島稲荷神社は、地元のかたに「お稲荷さん」の愛称で親しまれています。

開運招福や厄除けのご利益があるとされる豊受比売命が主祭神で、配神が大国主命と、その子である言代主命です。

国造りと人々を良縁で繋ぐ縁結びの神様・大国主命、その代理であり言霊の神でもある言代主命がお祀りされているため、恋愛成就、復縁、勝負運アップを期待することができます。

一風変わったお守りが多数

「競馬勝ち守り」や「桃守り」など、福島稲荷神社では一風変わったお守りを授与していることでも知られています。

「桃守り」は、福島県がフルーツ王国であることにちなんだものです。ピーチをピチピチと瑞々しさにかけて、美しさを保ち女子力をアップ。

さらに、桃太郎伝説から魔除けや安産などのご利益があるとされていますので、復縁に向けて魅力をアップし、運を味方につけたいかたにおすすめです。

力石に願いを込めると成就すると伝えられている

出典:https://www.fukushima-inari.com/facility/149.html

境内施設の1つ、力石神社にある「力石」は、江戸から明治の時代にかけ、各地の力自慢がその腕を試すために用いられてきた大きな丸い石です。

「石占」と呼ばれる占いで吉凶を視てきたともいわれています。

この石に触れて願いを込めると成就すると伝えられていますので、訪れた際には想い人へその気持ちが伝わるように祈願してみてください。

南湖神社(白河市)

白河市の南湖県立自然公園内にある南湖神社は、大正12年に創建。

御祭神は、地元白川藩主で名君として名を残す松平定信公で、彼の自画像も所蔵されています。

南湖神社が縁結びや復縁など、恋愛成就のご利益がある神社として知られているのは、定信公が福島県会津市に住む女性と、白川に住む男性とのご縁を取り持ったことが由来です。

また、天明大飢饉の折、飢えによる死者を出さなかった定信公がお祀りされているため、健康長寿や病気平癒にご神徳があります。

恋愛成就の「愛まもり」復縁を願う「結び御守」

南湖神社のお守りは健康守や安産守、災難除けや金運アップなど、授かりたいご利益にあわせてたくさんの種類が用意されています。

恋愛成就には、桜があしらわれた2組の巾着が可愛らしい、小ぶりなストラップの「愛まもり」がおすすめです。

また、復縁を願うかたには朱と黒から選ぶことができ、女性も男性も身につけやすい「結び御守」があります。

御神木の枝垂れ桜=縁結び桜

出典:https://www.jalan.net/kankou/cit_072050000/g1_20/

境内には楽翁桜と呼ばれる、樹齢200年を超える御神木の枝垂れ桜があります。

名称は定信公の雅号から来たもので、お守りにもデザインされているのがこの「縁結び桜」です。

見事な花を咲かせる春先には夜間ライトアップもされる人気スポットで、創建以来、満開の花のもとで数多くの神前結婚式が執り行われ続けています。

足を運び、カップル達の幸せをお裾分けしてもらいましょう。

石都々古和気神社(石川郡)

古代から山岳信仰の聖地とされている石都々古和気神社では、その参道の両脇に祭祀遺跡由来で鏡岩石、天狗石、亀石といった名前が付けられた巨石が点在しています。

自然や数々の生きもののエネルギーを取り入れることができるパワースポットとして人気です。

特に目標達成のための行動力を向上し、人との強固な結びつきや、良縁のご利益を授かることができるとされています。

ご祭神も、良縁をもたらすご神徳がある大国主神と、子である味秬高彦根命、そして誉田別命です。

オーソドックスなお守り

石都々古和気神社のオーソドックスな御守りと御朱印帳は、白と黒の2種類のベースに、カラフルなモノグラムがあしらわれたオシャレなデザインです。

復縁・縁結びのほか、厄除けや開運など幅広いご利益があります。

また、月ごとに変わり、季節を感じさせる可愛らしい限定御朱印も有名です。境内に満ちている神聖な気を浴び、参拝をした後にいただきましょう。

願い岩で復縁成就

出典:https://www.food-fukushima.jp/iwatsutsukowake-jinja-ishikawa/

神社を訪れたら、信仰の対象となっている岩々を巡ることをおすすめします。

撫でることで願いが叶うとされている石もあり、復縁祈願にもぴったりです。

出典:https://blog.goo.ne.jp/u11953/e/399925ce3ca9ea2469b0f6836799455b

また、昭和5年に造立された石造狛犬は、躍動感のある「飛翔狛犬」として、その芸術性から評価も高い文化遺産となっています。

雌獅子と、それに寄り添う3匹の子獅子はとても表情豊かです。仲睦まじい姿を目にすることで、良縁にも恵まれるともいわれています。

羽黒神社(西白河郡)

出典:http://www.komainu.org/jinjya/haguro_a.html

福島市のシンボルである信夫三山の1つ、羽黒山の峰に鎮座する羽黒神社は、古くから総鎮守として地元の人々からの信仰を集めてきました。

創建の時期は不明ですが、言い伝えによれば信夫三山よりもさらに古い歴史があるとされています。

皇位継承争いに敗れ、信夫山に移り住んだ羽黒神・渟中太命が御祭神で、もう1柱、良縁をもたらす女性・正観音をお祀りしています。

正観音は数十年に一度ご神体が御開帳され、運が良ければお姿を拝見することも可能です。

縁結びの「わらじいお守り」

出典:https://www.doname.co.jp/blog/sample/277

羽黒神社には授与所がなく、境内でお守りを授かることはできません。

ですが、羽黒神社で行われる「わらじ祭り」をモチーフにしたキャラクター「わらじい」がデザインされている「わらじい縁結び御守り」が、福島市観光案内所などで入手可能です。

彼は羽黒大権現仁王様の守番をしており、お守りにも健脚や縁結びに絶大なご利益があるとされています。

信夫三山暁まいりに3年連続参加で、恋が実るという言い伝え有り

出典:https://www.ntt-east.co.jp/fukushima/fbrari/031/05.html

毎年冬、300年以上受け継がれてきた「信夫三山暁まいり」が開催されます。重さ2tの大わらじを奉納し、五穀豊穣や家内安全、健脚を祈願。

そんな羽黒神社のお祭りに3年連続で参加をすると、恋が実るという言い伝えがあります。

さらに、福島市の夜景をバッグに気持ちを伝えると、告白やプロポーズを受け入れてもらえると言われているため、勝負に出たい時にもおすすめのスポットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です